良いものを追求する大切さ

私達が贈り物をするときは、そこに一番大切なのは、気持ちであって、その贈る贈り物がどのくらいの値段なのか、どのくらいの価値があるのか、という点は二の次だ、と思われることがあるでしょう。確かに贈り物の価値は贈るものの価値ですべてが決まりませんし、そこに気持ちがこもっていれば良い、という考え方もあるかもしれません。

しかし、だからと言って、高価なものを贈るときその価値が無くなってしまうということではありません。婚約指輪を贈るときは、特にそうであると言えます。婚約指輪は、『給料三か月分』の値段(で買わなければいけない?)とも言われていますが、婚約指輪は、普段誰かにプレゼントするようなプレゼントとはわけが違います。それは、これからの一生が詰まった、プレゼントなのです。ですから、それがとりわけ特別なものであることは何の疑いの余地もありません。私達が自分たちの出来る範囲でよりよいものを追求することは、良いことなのです。

さて、指輪の相場は少し置いておき、そもそも『より良い』指輪を作るには、どうすれば良いのでしょうか。ただそこら辺の物を買ってくれば良いというのではないからこそ、私達は良く調べて、本当に良い方法で用意することができます。