価値は値段だけでは決まらない

指輪を贈る習慣、これはかなり昔からあった、とされていますが、昔においてその意味合いはあまり積極的なものではありませんでした。しかし、時代が進むにつれてその意味合いも変わってきて、二人を結びつけるもの、としての認識が強くなりました。今はその意味合いも形だけのものとなって、もはや形式上そのようなやり取りをしているという方も少なくないでしょう。

今では結婚式自体を挙げずに結婚しているという方も少なくないのです。そういった時代だからこそ、私達は贈る婚約指輪に関しても、より相手のことを考えたタイミングで渡すことができるかもしれません。なんとなくドラマで見るような、そのような展開にはならないかもしれませんし、相手も求めていないかもしれません。そして、それが『形だけのもの』になってしまわないように、段取りをしておくべきでしょう。

婚約指輪は、大切なものに贈るものだからこそ、良いものを選びたいですが、必ずしも高価なものが良いという訳ではありません。オーダーメイドは世界に一つだけの指輪を作ることができますが価格が高く現実的ではない、という方もおられるでしょう。低価格帯の指輪であっても、ネットでどのようなデザインなのか、を見ることができます。